結婚相手にするなら後悔する!絶対避けるべき男!

  • 2019年4月15日
  • 2019年4月15日
  • 婚活

今までの歴代彼氏はなんか微妙…でも年齢的に結婚を考えねば!もう微妙な恋はしたくないわ!避けるべき男ってどんな人かしら 。

読者質問コーナーです。

ダメンズを引き寄せているのだと思うんです。結婚へ踏み込めなかったという事ですものね。焦ってくるのはわかります。焦りは大切ですよ!のんきに構えているのが一番良くないですからね。

例えば、働かない男性などこれは絶対ダメってことはわかりますよね?こんな男性ではなく、何度かデートをしてみて判断すべき点を書いていこうと思います。という事は、簡単に交際をOKにしないでくださいね。肉体関係にすぐなってしまうのは間違った選択です。

これまでも書いていますが何度かデートを重ねておつきあいを決めたほうがいいと思います。特にダメンズを引き寄せている実感がある方は見極め方が出来ていないので、少し余裕をもっておつきあいのOKを出してください。ただし、間が抜けた感じにならないことが条件です。ここは心に留めておいてくださいね。

今回上げる4項目はダメンズだけではなく女性にも当てはまりますので男性も必読!

利己的で暴力的

怒鳴る、脅す、急に暴れるなどの手段を使い、自分の思い通りにしようとする人。最終的には暴力をふるってきます。

怖がらせたり怒らせたり、私がいけないの?という気持ちにさせ相手をコントロールしていきます。

見極め方は、あなたの話を聞かない人です。利己的ですのですのでこんな態度になるのです。 行動が突発的であったり、自分の利益が優先しますので周りとの協調や慈悲愛に欠けています。ですから、友達が少ないはずです。

結婚してから暴力を振るわれるようになったなんてことになったら大変ですから、しっかりと見極めてくださいね。

ここでの注意です。このタイプと一緒にいることで自分が被害者意識が高まり、被害者の心理になっていき、離れられない関係になっていくことなんです。コントロールされてしまうという事です。

暴力を振るう加害者については、一定のタイプはなく、年齢、学歴、職種、年収に関係がないといわれます。人当たりが良く、社会的信用もあり、周囲の人からは「家で妻に対して暴力を振るっているとは想像できない」と思われている人もいます。
加害者の中には、家庭という密室の中でのみ暴力を振るう人もいますが、普段から誰に対しても暴力的で、見知らぬ人に対しても言いがかりをつけて暴力を振るう人もいます。
また、アルコール依存や薬物依存、精神障害等が関連して暴力を振るっていると考えられる人もいます。加害者が暴力を振るう理由は様々あると考えられますが、その背景には社会における男尊女卑の考え方の残存があると言われています。

内閣府男女共同参画局
引用元

見張ったり批判する人

常に見張られている感じがし、自分が何もできないと思い込んでしまう心理状態にさせる人です。

「どこにいっていたの?」「なんでそんなことをしたの?」「なんでいつもそんな行動するの?」「おかしいと思うわない?」「言っていることが矛盾している」

受け取る側は、自分が間違っていると思ってきてしまい、自信が無くなってきます。

このタイプは自分は良かれと思って言っていることが問題なんです。自分が正さなければ誰がこの状況を正しい道へ導けるのか。自分がいつでも正義だと思っている。一緒にいる周りの人間は自分に無力さを感じ常に自信が無い人間に変貌してしまいます。

自分が見張っていないと、あなたが間違った道を進むと本気で正義感に基づき行動しているのでラインの返信が無いものならヒステリックにどこにいっていたんだ!などの発言になっていくんです。

見極め方はですから見張られていると感じたらです。また批判的なことしか言わない人もです。しかし、これで素直さがあればこのタイプではなく単純に細かい人の可能性もあるので、素直な気持ちがあるかどうかはさりげなく確認するといいでしょう。

無関心な人

自分のことを話さない人です。本音とかではなく、もっと単純に自分のことを話さない人。

「次回はいつお会いしますか?」と聞いても、「まだ予定が立たないんです。でも土日はいつも空いているので今週も大丈夫だとは思うんだけど・・」と言って結論を出さないなど。そうすることで自分に注目させようとする。不思議ちゃん?と思えばいいのですが、そうではなく意図的に自分に他人を注目させるために言うのです。本当に予定が立たないなどあります。天然の場合もあります。そうでなく、はぐらかす人という事です。普通の人なら会話が成り立たなくなるので、「予定はいつわかるの?」など聞き返しますよね。「毎週違うから」とまたあなたに質問をさせるように仕向ける。この繰り返し。

見極め方は一緒にいたり会話したり、ラインをしたりしていると疲れを感じることです。こんなことをされたら疲れます。

無関心に振る舞う人は、本当は関心を持ってほしいのに反対の行動をとってしまうので、一緒にいてもつまらない、疲れるになってしまうのです。あまのじゃくならいいんです。ここで書いている人は自分を出さず相手に興味を自分に持ってこようとする人ですからね。あなたに関心があるわけではない人の事です。

被害者になっている人

「あなたは私のことを必要としている」「私はあなたのことを必要としている」「いつも必要とされていたい」

利己的な人と一緒にいてこの精神状態になってしまったり(これは離れれば回復していきます)、関わった人に罪悪感を抱かさせる行動をとる人です。

私が犠牲になれば、被害者でいれば、この人と一緒にいられる。

要するにかまって欲しい人ですから、お相手に集中してきます。結婚生活も成り立たなくなります。

見極め方は、お相手との会話で自分に罪悪感をいつも感じてしまったら要注意という事になります。罪悪感を持たせるように誘導していきますので、このタイプも一緒にいて疲れます。

ここに書いている人は本当にこの被害者意識の高い人のことですから、甘えて行ってくるのとは違います。罪悪感を話すと常に感じるようなら要注意です。

まとめ

今回、避けたほうがいい人という事で書きましたが、対象になった方たちは、本人が気が付けば輝ける人になり得る人でもあるんです。ですから、批判的に書いたわけではありません。自分で自分のことがわからないことも多いと思います。これを読んでいる方も私も当てはまる?と思った人もいるのかもしれませんよね。意識するだけで人間変われます。今日から意識し改善していきましょう。環過去の別れの原因が「君と一緒にいるとなんだか疲れる」と言われたことがある方は要注意です。

出会いの無い方は琴音ハピネスまで。良縁に向けて導きます。

Youtubeの母で私の動画がアップされましたら貼りますね!

>お見合いから恋愛結婚へ「琴音ハピネス」

お見合いから恋愛結婚へ「琴音ハピネス」

恋愛のプロが運営する結婚相談所「琴音ハピネス」お見合いで出会って、その後、恋愛感情が湧き上がる、そんなパートナーをホロスコープを使って探します。出会いがなくて婚活に疲れているあなたに幸せを引き寄せますよ! 会員全て、恋愛のプロでありお見合い経験者の琴音が担当致します。

CTR IMG